1月 08 2020

雀おどりういろの保存方法


雀おどりのういろの保存方法についてお話します


◆雀おどりういろはなるべく早くお召し上がりください。

良質の国産米粉と砂糖を使用して作ったういろは、もちもちした食感が特徴で、

蒸しあげてから数日経って味の落ち着いたういろのおいしさは他に比べるものが無いと私どもは考えております。


旅行・出張の後で職場・学校で配る用途に限って考えると日持ちが短いと感じるお客様もおられます。長年作ってまいりましたが、食べておいしいういろを作ろうとすると時間の経過で硬くなりやすく味は変わります。硬くならないように作ろうと材料を変えると柔らかすぎたり、素材に味わいがなかったりして私たちがお伝えしたい味になりません。

やはり自然には逆らえず、賞味期限内であってもなるべく早くお召し上がりいただくことをお勧めします。



◆一口ういろは、脱酸素包装  棹ういろは、真空脱気包装

ういろは通常は脱酸素剤と脱酸素袋によって、酸素の少ない状態で包装されており

そのためカビなど発生しにくい状態になっております。

小さな袋ひとつづつに脱酸素・真空包装をすることも可能ではありますが、

日持ちもしますが時間の経過とともにやはり硬くなっていきますので、現在はこのやり方で行っております。



◆賞味期限は、製造後11日間。開封時はお早め(2~3日)でお召し上がりください

内部の透明袋を開封してしまうと、低酸素状態が保てないためカビなどの原因になりやすいです。お気を付けください。



◆保存温度は必ず常温(20℃程度)でお願いします

雀おどりのういろ製品は、もちもちの腰のある良質な米粉を主原料にしております。

そのため冬期や冷蔵庫など5℃以下のところに置いておくと硬くなります。


◆硬くなった場合は開封して脱酸素剤を外し、電子レンジで1分程度加熱してください。

ういろ本体が熱くなったら、冷ましてからまたお召し上がりいただけます。




0コメント

Comments RSS

コメント記入

メニュー
このページのトップへ