>>ブログトップへ

1月 03 2017

一本の欅(けやき)から

3:11 PM ブログ

年の暮れに

長年の使用で傷みの出ていたテーブルをすべて新調しました。

今回の作業は、縁あって岐阜の付知峡で生えていた一本の欅(けやき)から

板を切り出された一枚板で、店中のテーブルの天板を誂えることができました。

分厚い板厚の安定感、オイル仕上げの重厚感、

無垢素材の何とも言えない良いにおい

そしてテーブルの表面を走る美しい年輪

もともとが一枚の板を切り分けているので、

左右のテーブルをくっつけると年輪の模様がピタリと一致します。(自己満足w)

365日、ご来店するすべてのお客様をお迎えすることができるテーブル。

これから何十年も、私たちが毎日毎日仕事で使い続けるテーブル。

想い出の染み込む一生モノのになれるんではないかと、

勝手に自画自賛、勝手に仕事のシアワセに溢れる…であります。

0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree