>>ブログトップへ

3月 31 2015

hanamomo


花ういろのご注文を刈谷のさる大きなメーカー様にお届けに行ってまいりました。


ご注文いただいたのは、何と15年ぐらい前に別の機会にご縁をいただいていた方。

私のことを憶えていてくださって、発注いただけました。


あんなに大きな会社のロビーでの再会でした。

…とてもありがたくて、おどろいて。


30歳当時の自分を思い出して、とても気恥ずかしかったです。

ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・


週末に清須工場で花桃が咲きました。

日曜日に三回忌になる父が、亡くなる前に植えていった樹です。

ちょっと珍しくて、一つの樹に赤と白と混ざった花が咲くのがとても自慢でした。


毎年まいとし同じように花は咲きますが、

こちらも毎年同じような気分で見ているわけではありません。


おかげさまで創業1856年の雀おどりは、2015年で160年を迎えます。


先人たちの努力の上に今があることは間違いないですが、

毎日の積み重ねの結果であって、振り返ったりすることもなかなか難しいですね。


今、自分たちがしている苦労は、

将来の人たちに知っておいてほしいとか、残そうとしているわけでもない。


きっと今まだ2歳の娘には、生まれた時から当たり前に工場で咲いている花桃。

そうした当たり前な素敵な出来事が、自分の廻りにもたくさん沢山ありました。


…それが全部誰かのお蔭であったこと。

遅まきながら、ようやく実感しております。


大きな事は任せてくれましたが、

細かい事にこそ口うるさかった父親でしたので、

一斉に咲いた花のにぎやかさが、、

まるで一年分のコゴトをあれこれ言われているようで、ちょっと見ていて憂鬱ですw


「もしも花が枯れたら近所の人はなんて思うんだろうね~?」

と、すでにパートさんにまで云われてますし…。






2コメント

2 コメント to “hanamomo”

  1. 京都の妙子2015/04/30 at 1:42 PM

    お久しぶりです

    いつも頑張ってらっしゃるご様子頼もしく拝見しております。

    見事に咲いた花桃!

    お小言じゃないかも…ですよ。きっと。

  2. chun-suke2015/05/01 at 2:00 PM

    京都の妙子さま

    いつもご支援ありがとうございます。
    GWになり、日差しもすっかり夏めいてきましたね。

    ただ毎日追われるように過ぎていきます。

    花桃からボタンも豪勢な花をつけて枯れ、
    今は庭のつつじとアイリス、鉄扇が真っ盛り。
    バラのつぼみも膨らんできました。

    生前たくさんの花を植えていった人ですから、
    やっぱり一年中、お小言貰ってるようですわw

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree