1月 04 2015

平成27年あけました

 

新年あけましておめでとうございます。

ひつじ年です。

(これは煉りきり金団で作った干支菓子「ひつじ」です。)

 

名古屋は、新年早々なじみのない雪が降ったりしてバタバタしましたが、

それでも何とか3が日を終えて、今日は4日です。

明日から平常営業。

 

「煉りきり」は、

白餡に山芋や白玉粉などの「つなぎ」を加えて作ります。

 

白餡に無い、もっちりとした弾力や、手につきにくくなるなど

お菓子の表面に適した素材になります。

 

ちなみにこの煉りきりは「芋」を多めに。

ですから、乾燥には弱いので、なるべく風に当てないように手早く作ります。

 

 

手を動かしながらも、

「俺、12年前に何やってたかなぁ?」 とか、

「成長したかなぁ?」 とか、思い出そうとするのですが…

  

和菓子屋にとってお正月は、日ごろの通信簿をもらうような気分です。

アベノミクスとか景気云々とかいう以前の問題で、

お客様との日ごろ当てにされてるか?

お付き合い状況に応じて、お仕事が頂けるかどうか?

目に見えて違ってくる時期ではないでしょうか?

 

世間の皆様の連休中が、当店の一番の繁忙期。

お店を取り巻く街や人の状況だって同じ年は一度はありません。

 

毎年ギリギリなんですが、それでも

12年前に比べて

少しづつ「確実に」応対できるようになったことが何よりうれしいです。

 

 

まだまだご満足いただけない点も多いかと思いますが、

また一年、雀おどり總本店をよろしくお願いいたします。

 

 

0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

メニュー
このページのトップへ