>>ブログトップへ

甘味紹介

1月 03 2017

冬のあたたかいパフェ

 

冬の特別メニュー

あたたかいパフェ  黒蜜 抹茶蜜 イチゴ蜜   各850円

 

ぜんざい以外で寒い季節に楽しめるようなデザートは無いものか?

と思案していたのですが、やっと辿りつきました。

当店の焼き菓子、叢樹菓(ラム酒風味のチョコフルーツパウンドケーキ)

をアツアツの状態でグラスに入れて、

白玉、小倉餡、アイスクリーム、バナナを添えました。

 

アイスクリームが溶けてきたところに、さっと黒蜜かけて。

パリパリの最中の皮に、小倉餡とアイスクリームを載せてまずは一口。

 

ラム酒の香りが大人向けですが、男子にも好評です。

写真の抹茶蜜も香りがあってお勧めですよ。

  

0コメント

6月 05 2012

大島金時ミルククリームわらび のかき氷

また、この季節がやってきました。

大島金時ミルククリームわらび氷。

厨房に注文するときは、「おおきみくわ!」と、言ったりします。w

大島金時ミルククリームわらびかき氷  800円

2コメント

5月 19 2012

水饅頭製 青もみじ

 

お抹茶と一緒に提供する生菓子も、夏仕様。

写真は、水饅頭製の「青もみじ」です。

 

緑色の薄く流した羊羹を、もみじの抜き型で抜いて、

漉し餡と一緒に流し込みます。

 

…目にも涼やかじゃないとね。

 

 お抹茶セット 季節生菓子1品つき 600円

青もみじ 水饅頭製 漉し餡 210円

0コメント

5月 19 2012

冷やしぜんざい始めました。

  

 あっという間にGWも過ぎ去り、

ナゴヤは梅雨まえの気持ちよい初夏に入りました。

 

とは言っても、今日5/19あたりはすでに暑いですね。

1時間ほど外を走ったら、おでこも腕もすっかり真っ赤です。

 

いよいよ夏のメニューが、出始めまして

雀おどりの忙しさも本格的に…。

また夏がやってきます。

 

冷やしぜんざい     650円

白玉クリームぜんざい   700円

0コメント

9月 02 2011

心太

 

「心太」←これなんて読むかご存知ですか?

 

正解は、「ところてん」です。

 

作り方は、寸胴鍋に天草(海草の一種を乾燥したもの)を入れてグツグツ煮込みます。

(今回工場で初めて製作風景をテレビで撮影していただきました。)

  

で、しっかり煮込んだらこうして裏ごしして、エキスだけ冷やして固めると、

つるつるしこしこの寒天が出来上がります。

 

雀おどりでは、これに赤味噌たれを加えて、

わさびとゴマを載せてさっぱりと召し上がっていただきます。

 

 

秋に、ぴったり!   かな?

来週ぐらいから、怒涛の秋のお菓子シリーズだね~w

 

 

 

 

  

  

0コメント

10月 20 2010

お雑煮 

お雑煮もあります。

名古屋スタイルは、四角に切って餅菜を入れてたらたらになるまで炊くのですが。

 

うちはお店なので(?)、かまぼことかしわが一切れ。

餅も焼いてあります。

 

 

0コメント

10月 20 2010

磯部巻き

   

10月も半ば過ぎまして,

名古屋祭りが終わると、そろそろ本格的に秋冬メニューに変わります。

  

寒い季節のお楽しみ。

醤油味の焼餅はいかがですか~? 

  

 

磯部巻き  焼餅3個 お吸い物付 750円

0コメント

10月 20 2010

とろーん

 

きょうは、わらび餅の写真撮ってみました。

 

右手に箸。

左手にカメラの力作です。笑

 

 

0コメント

8月 20 2010

第2回 雀おどりカキ氷会

 

 

昨年に引き続き、

大ナゴヤ大学さんの協力で、今年も第2回のかき会氷会を行いました。

お題は、「いつか食べたかったかき氷」

閉店後の店内にて行われました。

  

  

皆さん思い思いのの材料作るカキ氷作りのお手伝い。

おかげさまで事前募集した参加者も25名と、大盛り上がりでした。

なんと翌日の中日新聞には、優勝者が写真付で紹介されました。  

「う~ん。」

詳しくは、大ナゴヤ大学第2回カキ氷授業 を参照ください。

  

0コメント

7月 31 2010

大島金時ミルククリームわらび氷

 

雀おどりでは一年中カキ氷を楽しんでいただけます。

こちらは黒蜜をかけた大島ミルククリームわらび氷です。

雀おどりの黒蜜は、沖縄産の良質な黒砂糖をそのまま煮とかした濃厚な味わいです。

大島=黒蜜

ミルク=練乳

クリーム=アイスクリーム

わらび=わらび餅

が一度に楽しめるカキ氷です。

ぜひお試しください。

 

2コメント

Next »